ニコチン0、タール0の蒸気を吸うvape電子タバコの種類も多くなってきました。

 

主なものには、

使い捨てのスティックタイプ、

カートリッジを付け替えて吸うタイプ、

リキッドを補充しながら吸うタイプがあります。

 

簡単に使いたいと思ったら、スティックタイプ、カートリッジタイプが簡単に使えるんですが、

ちょっとコストがかかるんですよね。

 

その点、リキッド補充タイプは、リキッド補充作業は面倒なんですが、

コストは一番安く使えますね。

 

リキッド補充タイプのvape電子タバコのメリットを、まとめてみましたので、

参考にしてみてください。

 

リキッドタイプのvape電子タバコの2つのメリット!

(1)他のvape電子タバコより、ランニングコストが安い!

リキッドタイプは、使い捨てやカートリッジタイプのvapeに比べて、

ランニングコストが格安で吸えますね。

 

使い捨てタイプの約1/4、カートリッジタイプの約3/4くらいの価格で吸えますね。

タバコと比べると、約半額くらいで吸えます。

(2)いろんな風味のリキッドが楽しめる!

スティックタイプやカートリッジタイプだと、フレーバーの数があまり多くないですね。

 

リキッドタイプだと、リキッドの数は数千種類あるので、

色んなリキッドを試したり、ブレンドしたりすることで自分好みのリキッドが見つけられますね。

デメリットは?

デメリットは、面倒なことです。

デバイスにリキッドの補充をしないといけないし、使っていると味が落ちるので、

コイル交換などのメンテナンスも必要になります。

初心者向がvape電子タバコ本体とリキッドを始めるときに考えること!

減煙、禁煙のためにvape電子タバコを使おうと考えたときに、

吸う回数が多くなりそうだと思う人は、ランニングコストが格安のリキッドタイプがいいですね。

 

あまり、コストがかかるのは辛いですからね。

 

選び始めると、ペンタイプやMODタイプなどいろんな電子タバコがあるので、

何を選んだらいいのか迷いますよね。

 

デバイスが決まっても、リキッドもどれにしようか考えると頭が痛くなってきちゃいますね。

 

なのでまず最初は、日本製リキッドとデバイスがセットになっている「フレンバー」がおすすめです。

おまけで海外製のリキッドがついてるものもあるんですが、

リキッドはやっぱり日本製が安心できると思います。

フレンバーoneと、フレンバーリキッドをセットで購入するのがおすすめ!

簡単に使えるフレンバーone

    

↑ ↑ フレンバー0neです。

バッテリーとアトマイザーが一体型になっているので、組み立てる必要がありません。

 

吸い口のところをはずすだけでリキッドが入れられるので、

初心者の人でもリキッドが入れやすいですね。

リキッドを入れるとき、液で手が汚れるようなことも少ないと思います。

 

バッテリー容量も650mAhの中型機なので、リキッドの味も香りも楽しめると思います。

 

カラーも10色から選べるので、自分が一番気分よく吸える色が見つかると思います。

 

こちらでチェックしてみてください。

↓ ↓ ↓

フレンバーoneはこちら

日本製のフレンバーリキッド

メンソール系からちょっと甘めのフルーツ系、スイーツ系などが

たくさんあるので、いろいろ試してみるのも楽しいと思いますよ。

 

最近は、桜の花の香りのする「花のシリーズ」のリキッドも発売されています。

 

違うリキッドを混ぜて自分好みの味を作ることもできますしね。

マスカットにメンソールリキッドを混ぜて、清涼感を出すとおいしいようですよ。

 

フレンバーには15種類のリキッドがあるんですが、

人気の高い2つのリキッドを紹介します。

ストロングメンソールは、少し甘い強いメンソールです。

気分転換にすっきりしたい時にはいいと思います。

 

マスカットは、さっぱりした甘さのもろマスカットの風味です。

甘いものが欲しくて口寂しいようなときにはいいと思いますね。

吸い終わった後、部屋の中がマスカットの香りになるのでいい気分ですよ。

↓ ↓ ↓

フレンバーリキッドはこちら

 

 

女性におすすめのvapeの種類と、選ぶ時のポイントは?