フレンバーショップは、国産リキッドの製造販売をベースにして、

フレンバーのリキッドが、TPOに応じて吸いやすいデバイスを提供している会社です。

 

リキッドは、国内の医薬部外品を作っている工場で安全管理、品質管理にこだわってますね。

 

デバイスは、使いやすさを追求しているように見えます。

できるだけ簡単にvape電子タバコが楽しめるような、新製品を次々発売していますね。

 

フレンバーのリキッドの種類

フレンバーのリキッドは、メンソール系、フルーツ系、スイーツ系など15種類があります。

 

最近は、桜の花の香りが楽しめる花のシリーズの販売が始まりました。

 

海外製のリキッドはべたべたした感じがあるんですが、

フレンバーのリキッドはさらさらした感じで、味もさっぱりしています。

 

カートリッジタイプのリキッドの種類はまだ少ないんですが、今後増える思います。

 

↑ 最近発売された「花のシリーズ」。

 

桜やキンモクセイの香りが楽しめるリキッドです。

フレンバーのリキッドを吸うためのデバイスでおすすめは3種類!

フレンバーのデバイスの特徴は、まずシンプルで洗練されていることですね。

デザインも斬新でオシャレです。

 

次に、とにかく簡単に吸えることを第一に設計されていますね。

 

TPOに合わせて選べるデバイスを紹介します。

 

持ち歩き用カートリッジタイプのvape「フレンバーAIR(エアー)」

長さは約10cmなので、ほとんどタバコと同じくらいです。

 

シルバーの長いUSBを持ってるようなイメージですね。

 

洗練された感じでかっこいいですよね。

 

カートリッジは0.8mlで、タバコに換算すると7~8本吸えるイメージなので、

 

会社などで、ちょっと気分転換したい時にいいと思いますね。

フレンバーAIRはこちら

 

自宅でゆったり爆煙を楽しむ大型カートリッジvape「フレンバーcloud17」

爆煙です!

やっぱり蒸気量が多いと、味も香りもしっかり味わえますよね。

 

大型カートリッジの中に、10mlのリキッドが入っています。

リキッドボトル1本分が入っているという感じですね。

 

タバコに換算すると、5箱くらい吸えるイメージでしょうか。

 

爆煙が楽しめるので、自宅で1日のストレスを解消するにはいいと思います。

ccloud17はこちらでチェック!

 

 リキッドタイプだけど簡単に使えるフレンバーone

    

フレンバー0neは、バッテリーとアトマイザーが一体型になっているので、

組み立てる必要もないし、リキッドタイプのの中では超簡単に使えるvapeです。

 

吸い口のところをはずすだけでリキッドが入れられるので、

初心者の人でもリキッドが入れやすいですね。

リキッドを入れるとき、液で手が汚れるようなことも少ないと思います。

 

バッテリー容量も650mAhの中型機なので、リキッドの味も香りも充分楽しめると思います。

 

カラーも10色から選べるので、自分が一番気分よく吸える色が見つかると思います。

フレンバーoneはこちら

 

まとめ

フレンバーは、タバコの代替をするvapeやリキッドを販売しようとはしてないですね。

一言でいえば、気分転換などのために”吸うアロマ”の販売。

 

ディフューザーも、だれでもが吸いやすいようなものに開発がすすんでいる印象です。

 

リキッド注入式は、リキッド補充など面倒な部分が多いので、カートリッジタイプを増やし始めています。

まだ、カートリッジの種類が少ないんですが、これから種類が増えていけば面白いと思います。

 

リキッドタイプのフレンバーやフレンバーoneも、カートリッジ式に代わりそうな予感がします。

 

ストレス発散や気晴らしのために、1台はフレンバーの”吸うアロマ”を持っていると、

毎日の生活が楽しくなりますよ♪

 

女性におすすめのvape電子タバコの種類と、選ぶときのポイントは?